英語の勉強法

 

英語の勉強法は色々とありますが独学で勉強しているという人も多いと思います。大学受験のための英語の勉強法を色々と独学で探して今にいたっている人、高校、中学の英語の勉強法がわからずに試行錯誤繰り返している人など様々です。英語の勉強法は何を目的にしているのかによっても違ってきます。たとえばセンター試験のための英語の勉強法なのか、それとも受験のための英語の勉強なのかリスニングを勉強したいのかなどその内容に合わせても違ってくると思います。英語の勉強法でおすすめのものをインタネット上で調べるということは十分に可能ではありますが、自分にその方法が合うかどうかは実際にやってみないとわかりません。
色々な芸能人が英語の勉強法を編み出しているということも知られていますがたとえばサッカーの中田英寿選手の英語の勉強法も一時期話題になりました。他にも、海外ドラマを見て英語を勉強するという方法なども一時期話題になりましたよね。
英語の勉強法は使う教材によっても違っていますし、音読なのかどれくらいの期間で行うのかなどによっても色々と違ってきます。社会人の英語の勉強法としてはdvdを見たり、英会話スクールに通ったりすることが多いかもしれませんが今はmp3プレイヤーで英語を流しっぱなしで勉強するといたような方法なども人気がありますからいろいろと英語の勉強法を調べたうえで自分に合いそうなものを調べてみるというのが一番いい方法かもしれません。

英語のリスニング

 

英語のリスニングは日本人が最も苦手としていることではないでしょうか。読み書きはなんとか文法を理解していたり単語を理解していればスムーズに英語が話せなくても行くことも多いですが、りスイングになると知らない単語が出てきたり、スピードが速かっただけで何を言っているのかさっぱりわからなくてパニックになってしまうという人も多いと思います。そのために英会話教室に必死で通うのですが、実際に英語のリスニングの力がついたのかどうかということは使ってみないとわかりません。英語のリスニング力がついているのかどうかを知るための方法は色々とあると思いますが、たとえばネイティブスピーカーと話をしてみてください。ネイティブスピーカーと話をしてみた時に、自分のリスニング力のなさにがっかりすると思います。
英語のリスニングのコツというのは相手が話している一語一句をすべて薬草とするのではなくて時には流しても前後の意味が分かっていればわかるということです。実はネイティブで話が早い人なら1−2分間に100単語以上も話しているということもあります。そんなスピードにすべて訳しながらついていくというのは難しいことですからそれを回避させるためにも、要所をついてリスニングをしていくというのが一番の近道ではないでしょうか。どこにポイントを置くのかということはなかなか難しいことですが重要なことだけを拾って話を聞けば自然とリスニング力がついてきます。

 

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク
1事故車買取20

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク
1事故車買取20