Top > 医療 > 子供に教えたい毎日の排便は体の調子を教えてくれる重要な目印

子供に教えたい毎日の排便は体の調子を教えてくれる重要な目印

子どもの脳というのは幼児期に成人の脳の約85%にも発達していきます。

 

それからは訓練によって少しずつ発達し、まるで筋トレで筋肉が増強されるかのように、知能をよく使い続けることでさらにレベルがアップしていきます。栄養学の観点ではビタミンB1とカルシウムが脳機能の発達を支える栄養素です。

さらにドコサヘキサエン酸やエイコサペンタエン酸も脳の神経伝達をスムーズにする作用を持っています。現代に生きる子供らは身長も高くて手足もギュンと長くなっており、昔の人よりカッコよいスタイルをしています。

 

この背景には炭水化物が多くなる日本古来の食事から肉類を中心とした欧米型のメニューに日本全体が寄せていったからです。

しかし、糖尿病やガンなど昔ならあまり日本人には多くなかった病気が急増しています。もっと深刻なのは肥満や生活習慣病の子どもが増してきている点です。便秘に悩む子供たちがますます増えています。スッキリしていない子どもたちほど、疲れていることが多かったり、集中力が途切れがちという状況が多くなるようです。便秘が続いているようなら急いで対策を練りましょう。

小児用の便秘薬や浣腸などがありますが、それはあくまで緊急手段ととらえて使い過ぎに注意です。できるだけ元々の自力の便通になるよう食べ物や生活習慣などの面でサポートしてあげましょう。

 

年中イライラしていたり、ちょっとしたことでキレる子が増加傾向にあるようです。

子どもも多くのプレッシャーを感じているからでしょうが、食べるもの、とりわけ白砂糖の摂りすぎとも関係が深いようです。

糖分を摂取しぎると低血糖状態になります。

 

 

精製された白砂糖などは吸収が早く血糖値をギュンと上げます。

 

 

 

それにストップをかけるためインスリンというホルモンが体内にたくさん放出され低血糖からくる神経症状が現れます。

青汁にたくさん含有されるビタミンは、縁の下の力持ちとして他の栄養の働きを助ける、身体の生命活動のバランスを取るなどの効果があります。

 

 

細胞の一つ一つに活力を与え、病気に打ち勝つ免疫力を維持するために、かなり重要なのです。

きゅうりやジャガイモなどの野菜やキウィやリンゴなどのフルーツに含有されるビタミンは免疫力を高めるための白血球の力を高めます。

 

子どもたちの体を成長させるのが食物の栄養です。食べ物があらわす効果は、薬以上の働きをすることがあります。子供が日ごろ何を食べているかが発育の状態にも小さくない影響があります。近くの大人たち、特に両親は、その事の重大さを認識しておかなくてはなりません。

 

食物は体の免疫力アップにも大きく役立ちますし、脳がしっかりと発達するのにも重要です。喉の渇きを訴えているような際は、ジュースやお茶類ではなく水を与えるほうが勝っています。不必要なものが混入してないので、体への浸透がスムーズなのです。中でも朝起きてから1杯程度の水を飲むようにすれば、休んでいた胃も覚醒し胃腸の消化のための準備が万全になります。食べたい欲が高まりますし、冷水のクールな感覚でシャキッと頭も冴えることになります。小児に毎日のスッキリ習慣を習得させ、それが健康に与える影響を実感させるカギは、子どもに対する親の教育です。ブレックファーストをしっかり摂って、便意が起きたときは便器に座る、その流れを身に着けるようにサポートしましょう。

 

 

 

そうして、毎日の排便が体の調子を教えてくれる重要な目印であると教えましょう。良いうんちは臭いにおいもせず、バナナのような形状で最初は浮きますが、ゆっくりと沈着していく様子がみてとれます。赤ちゃんの便秘に砂糖水は効果あるの?

医療

関連エントリー
子供に教えたい毎日の排便は体の調子を教えてくれる重要な目印女性特有のカラダの悩みに対処する急増しているPMSのきつい症状とは?慢性前立腺炎では前立腺とは関係ない部位にも症状があらわれる